健康医療医学会の事務局ブログ

みなさまの健康のための情報を発信していきます!

鼻水がツライときは

こんにちは!

スタッフの福嶋です(^^)

 

あまり風邪をひかない私ですが

くしゃみと鼻水がズルズル・・・

あれ?花粉症かな??と思ったのですが

どうやら風邪をひいていたようです(´・ω・`)

 

今回は薬を使わずに治すぞ!!

という固い決意のもと、

健康医療クリニック中医盛先生へ相談しました(*´∀`*)

 

「首の後ろを温めたらいいですよ」とのこと♪

そしてツボを刺激してくれました!

まずは首~顔~頭~手~背中

 

それまで水のように垂れていた鼻水がピタリと止まりました\(^o^)/

すごーい!!!

 

自分でもできるツボ押しとして

「迎香」のツボを教えてもらいました( ´∀`)

小鼻の左右、最も広がったくぼみ

f:id:hcmblog:20190328123706j:plain

外側と上へ刺激するのがコツみたいです

 

 

お風呂に入って早めに就寝したこともあり

今日は元気ハツラツ!!

無事風邪を追い出すことができました(*´∀`*)

 

鼻水にお悩みのみなさま~

どうぞお試しください☆

花粉症対策

こんにちは!

スタッフの福嶋です(^^)

 

花粉症の季節ですね・・・

鼻水や目の痒みなど本当に大変な時期ですよね(T_T)

そんなツライ花粉症にお悩みの方へ朗報~♪

 

花粉症対策にビタミンDの重要性が注目されています!!

 

ビタミンDに期待される効果

■ カルシウムの吸収を促し、骨や歯を丈夫にする

骨粗鬆症の予防

インスリンの作用を助け、糖尿病を予防する

■ インフルエンザや風邪にかかりにくい身体をつくる

■ 花粉症などアレルギー症状の緩和をする

 

ビタミンDは免疫細胞に作用し、

体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する免疫の働きをサポート。

斎藤糧三先生著の「サーファーに花粉症はいない」によれば、

ビタミンDの花粉症に対する効果は「免疫調整ホルモン」と位置づけています。

つまり、花粉症の際に出現する過剰な免疫を調整しているということ\(^o^)/

 

また、ビタミンDは食事やサプリメントから摂取する以外にも

紫外線を浴びることで皮膚で生合成できることから

「太陽のビタミン」とも呼ばれています(*´∀`*)

 

日照時間が短い11月~3月にかけては体内のビタミンD濃度が低くなるので

インフルエンザや花粉症の増加にも繋がるとされています。

 

一日に必要なビタミンD量5.5μgを満たすためには、

夏季では5~15分、冬季では30分以上

ただし、晴天日に日焼け止めを塗らずに日向で過ごす必要があります(^_^;)

 

ビタミンDを多く含む食品は

しらす干し、きくらげ、いわし、さけ

さんま、いくら、干ししいたけ、うなぎ など

 

花粉症の方は是非とも

適度に日光を浴びて、食べ物からしっかりビタミンDを摂取しましょう~

手軽に不足分を補えるサプリメントでの摂取もおすすめです(^^)

その際は質の良いものを選んでくださいね!

 

メディカルグレードサプリメント

ダグラス社のビタミンDおすすめです(^^)

f:id:hcmblog:20190228143210j:plain

今日は立春

こんにちは!

スタッフの福嶋です(^^)

 

今日は立春ですね

二十四節気が始まる節気で、

かつては一年の始まりとされていました☆

 

博多はとても良いお天気に恵まれ

爽やかな一年のスタートとなりました(^O^)/

みなさま、今年はどんな一年にしたいですか?

 

楽しい一年

幸せな一年

充実の一年

旅行に行きたい

美味しいものを食べたい

志望校へ合格したい

 

たくさんありますが、

まずは健康でありたいですよね!

 

健康の定義とは

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。」

 

公益社団法人日本WHO協会世界保健機関検証前文より抜粋

 

 

情緒的健康

自分の感情に気づいて表現できること

 

知的健康
状況に応じて適切に考え、現実的な問題解決ができること

 

社会的健康
他人や社会と建設的でよい関係を築けること

 

人間的健康
人生の目的や意義を見出し、主体的に人生を選択すること

 

 

健康とは奥が深い・・・

己を律することが健康の第一歩でしょうか(*´∀`*)

 

 

私はまず食べ過ぎ飲み過ぎに注意したいと思います!

予防しましょう~

こんにちは!

スタッフの福嶋です(^ ^)

 

例年12月~3月をピークに流行する・・・

インフルエンザ

できればかかる前に予防したいですよね!!

 

まずは・・・

①手洗い・うがい

流水や石鹸での手洗いは手指などについたインフルエンザウイルスを物理的に除去する有効な手段です。

 

②マスクの着用

インフルエンザの主な感染経路は「飛沫感染」です。

咳エチケットと共にマスクの着用を意識しましょう。

 

③適度な湿度の保持

空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下します。

湿度は50~60%程度を保ちましょう。

 

④十分な睡眠

睡眠不足になると免疫力の低下などで感染症にかかりやすくなる傾向があります。

 

 

そして、栄養をたっぷり摂りましょう!

特にビタミンDビフィズス菌がオススメです\(^o^)/

 

ビタミンD

ビタミンDを積極的に摂取することで、インフルエンザの予防効果が期待できると言われています。

ビタミンD乾燥きくらげしらす干し鮭、干ししいたけなどに多く含まれています。

また、紫外線を浴びることによって体内で合成することができる唯一のビタミンで、太陽のビタミンとも呼ばれています。

 

ビフィズス菌

高齢者を対象とした試験で、ビフィズス菌を摂取した群は、インフルエンザの感染率が低下し、自然免疫が上がったという報告があります。

ビフィズス菌は基本的に食品に含まれていることはありませんので、

ビフィズス菌入りのヨーグルトなどで摂取してください。

また、オリゴ糖食物繊維を積極的に摂取すると腸内のビフィズス菌を活性化させることができます。

 

他にもタンパク質ビタミンAビタミンB群ビタミンCなど

バランスよく摂取して

インフルエンザに負けない身体づくりをしてくださいね(*´∀`*)

さかもと元気祭!!

こんにちは!
スタッフの福嶋です(^ ^)

 

先週の日曜日は

鹿児島県出水市へ行ってきました♪

f:id:hcmblog:20181127173002j:plain

 

毎年恒例!!さかもと元気祭\(^o^)/

今年で5回目、初めての晴天だったそうです~

 

お天気にも恵まれ、

朝から沢山の方々にご来場いただきました(*´∀`*)

 

一般社団法人健康医療医学会を代表して・・・

昨年に引き続き、健康医療クリニックより健康チェック

ビタミンとミネラルバランスを中心にチェックさせていただきましたが

みなさま興味津々!!

f:id:hcmblog:20181127173919j:plain

不足している栄養素を補える

おかずの献立をあれこれかんがえていらっしゃいました(^o^)

 

もっとみなさまに喜んでいただける企画となるよう工夫して

また来年も是非参加させていただきたいです♪

お近くの方はどうぞいらしてくださいね!!

 

帰りに出水市の観光名所へ立ち寄りました(*´∀`*)

f:id:hcmblog:20181127174510j:plain

「出水市ツル観察センター」

f:id:hcmblog:20181127174603j:plain

奥には本物の鶴~

f:id:hcmblog:20181127174624j:plain

1万羽以上の鶴が渡来するそうです!

 

私もたくさんの元気をいただいた2日間となりました♪

ありがとうございました!!

腸内改善

こんにちは!

スタッフの福嶋です(^ ^)

 

あなたの腸内環境いかがですか?

 

腸は
全身の約6割の免疫機能を司る
大切な臓器♪

□ダイエットを繰り返している
□下腹だけポッコリ出ている
□コンビニや外食が多い
□トイレに行くのを我慢することが多い
□頭痛や肩こりがひどい
□コーヒーを1日5杯以上飲む
□4日以上排便がない
□かたい便が出たり、うさぎの糞のようなコロコロした便が出る
□日常的に下痢気味
□便の色が黒っぽい、おならが臭い
□ストレスを感じやすい
□肌荒れしやすく、吹き出物が出やすい
□顔色が悪く、老けて見られる
□寝付きが悪い
□いつもなんとなくだるい
□運動不足
□朝食を食べないことが多い
□生活が不規則
□水分をあまり摂らない

などに当てはまると
腸内環境は危険信号

理想的な腸内環境は
善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見金7割
といわれています

★健康を守ってくれる善玉菌
★腸内環境を荒らす悪玉菌
★多い方の味方につく日和見

代表的な善玉菌が乳酸菌、ビフィズス菌

人間には一人ひとり、相性の良い「自分の乳酸菌」
おなかの中にすんでいます
外から乳酸菌を取り入れても、
あなたの乳酸菌と相性がいいとは限りません(> <)

あなたの腸に
赤ちゃんのころからすんでいる乳酸菌
守り、育て、増やしていくことが大切です(´艸`*)

 

健康医療クリニックでは

あなたの腸内環境を整えて

より健康になるお手伝いをしています(*´▽`*)

ぜひお気軽にご相談くださいませ♪

 

「ご予約制」となっております
ご予約はお電話でどうぞ!
TEL.092-260-7239

------------------------------------------------------------------
〒812-0011 福岡市博多区博多駅1丁目12-18-1F

医療法人誠心会
健康医療クリニック

CAA研修会

こんにちは!
スタッフの福嶋です(^ ^)

9/15〜16は韓国より崔先生をお招きして
健康医療クリニックにてCAA研修会を行いました!

CAAとは
Cell Activate Acupunctureの略字で
日本語では「細胞活性鍼治療」という意味。

治療内容としては膝肘腰などの痛み、背骨、身体の歪み、身長延伸、脱毛症や肥満からの腕腹部脇腹などの引き締めやヒップアップなどの美容効果、顔全体、額、頬、顎のラインや鼻、瞼、首の引き締めや持ち上げ効果もあります。

今回はフェイスリフトアップを中心に研修が行われました( ´∀`)

f:id:hcmblog:20180917200933j:plain

f:id:hcmblog:20180917200945j:plain

CAA(埋線鍼)は、鍼をうつと糸が皮下に残され刺激し続けます。
吸収性縫合糸がコラーゲンの合成とお肌の若返り、細胞の活性化を促進。

施術して1ヶ月後あたりが一番きれいな状態となるとのこと。
モニターのみなさまの若返った姿が楽しみですね(*'▽'*)

ちなみに、私も鼻を高くする施術を受けました!
ご興味のある方はスタッフ福嶋までお問い合わせくださいませ( ´∀`)